プラセンタイメージ

ヒトプラセンタ

「プラセンタ」と言う名前は、今や頻繁に耳にするものとなりました。
プラセンタは、胎盤から抽出される胎盤エキスのことで、医療の世界でも美容の世界でもよく用いられるものです。
スキンケア化粧品などにもこれらが含まれているものが多数出ていますよね。
石鹸や洗顔料などにも入っているものがあります。

プラセンタには、種類も色々あります。
ヒトプラセンタは、主にプラセンタ注射に使用されています。
ヒトプラセンタは、医療機関だけで使用を認められているものです。
ご存知のように、近年は少子化になっていることもあり胎盤の量も減っていると聞きます。
それに比べて、ヒトプラセンタを必要としている方は増えてきています。
理由は、治療に用いる他、美容目的でヒトプラセンタを必要とする方が多くなって来ているからです。

現在の日本で、厚生労働省から認可されているヒトプラセンタはわずか二つだけです。
一つは、「メルスモン」。
そしてもう一つが、「ラエンネック」です。
「メルスモン」は、更年期障害などに使用されているものです。
また「ラエンネック」は、肝機能障害の治療に使われています。
ヒトの胎盤から抽出されたエキスと聞くと、感染症などの心配をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、製造や品質管理など厳しい感染症対策がおこなわれているので安全です。
使用される胎盤は、B型、C型肝炎やエイズ、梅毒などの感染症がないことをきちんと確認できたものであり、生まれた赤ちゃんも障害や疾患がないと分かったものだけを使っています。
もちろん、正常分娩で生まれた場合の胎盤です。
細菌やウィルスなどの感染病原体をチェック。
こうやって厳しいチェックをクリアできたものだけを使用するのです。
ですから、危険性は低いと言えます。

但し、注意して頂きたいこともあります。
プラセンタ注射を受けた場合、献血をすることができません。
今日、この注射は、更年期障害で苦しんでいる方や、肝機能障害でお悩みの方等の他にも、色々な症状に用いられているものです。
また、メンタル的なお悩みにも効果があることも知られています。